丹波焼で有名な今田町は何代も続く窯元が並び、古くから自然と文化が共存し合う町。そんな中、雑貨屋のように食器がレイアウトされたセンスの光るお店、ココチ舎を発見。オーナーの市野雅利さんは伝統ある忠作窯で作陶に励む市野忠作さんの息子として、幼少の頃から陶芸と共に育ってきた。現在は「若い人にも器に興味を持ってもらいたい」と自らこのお店をオープン。
道具としての機能を果たすオリジナルの作品を数々販売している。

白と茶を基調としたシンプルな店内に飾られるのは“あったら便利”という使い勝手の良い器やキッチン道具たち。素朴だけれどとてもセンスがいい。例えば残ったご飯を保温できるおひつのような茶碗、これさえあれば煮物からご飯まで炊ける1台何役にもなる鍋など、さまざまなアイデアが作品の中に隠れているのだ…。「大家族が多かった昔は大きな鍋が好まれていましたが、核家族が主流になった今の時代は少人数用の手頃なサイズが人気です」とのこと。


「またマンション住まいのご家族は収納スペースも限られているのでいろいろな用途に使える鍋が重宝されています」。ほかにも木のスプーンやハンドメイドのバッグなどクラフト感漂う味のある作品、日常生活が楽しくなりそうな商品が並び、見ているだけであっという間に時間は過ぎて行く…。
食卓は家族のコミュニケーションの場。使い続けて愛着が湧く食器や料理がよろこびになるようなキッチン道具はとても大切な役割を担うはず。あなたやあなたの大切な人にとって“ココチ”の良い器や道具を「ココチ舎」で見つけてはいかがだろう。


手作りの器離れを憂いて、さまざまなアイデアで器の良さを伝える
市野さん。店内にあるレシピカードは今田町で活動しているさまざまな窯元の陶工達の器で料理を盛り付け、器に合うメニューまで提案している。丹波焼の魅力をぞんぶんにアピールしながら時代背景に合った作品を生み出す
雅利さんの作品に今後も期待がふくらむ。WEBでもお店の作品を購入できるのでチェックしてみたい。


■ココチ舎(ココチヤ)
住所:兵庫県篠山市今田町下立杭323-4
電話:079-590-3727
営業時間:11:00~17:00
定休日:第1、3木曜日
駐車場:2台
ホームページ:http://shop.iichi.com/cocochiya






宅地建物取引業 大阪府知事 (1) 第56684号  Copyright 2014 (c) ROBIN HOOD CO.,LTD . All rights reserved.